So-net無料ブログ作成
検索選択

Lightwave版GROUND CONTROLプラグインがでてる。 [Lightwave]

Digital Carvers Guild
Carrara版だけだったGROUND CONTROLプラグインがでてた。
地形データを読み込み再現するプラグインなはず。
$29.95で微妙なお値段。

そして、Lightwave9/10のサポートは終了とのこと。

こんなプラグイン使うと植生とか大気とか気になるよな。

Syflexからお返事きた。 [Lightwave]

昨晩、Syflex for Lightwave Mac版のwind機能をつかうと
保存時にファイルが破壊されるバグ修正版リリース確認メール回答が来た。

相変わらず対応が早い。

ダウンロードファイルを差し替えたそうだ。
Mac版ユーザーはダウンロードしなおして欲しいって。

ありがとうメール出さなきゃ。

Syflexのバグフィックスのリリースが無いので [Lightwave]

Syflex for LightwaveのMac版のwindを設定して
ファイル保存するとファイルが壊れるバグの修正がまだ無いので
あおりのメールをいれてみた。

あおりと言っても英語で
「いつごろマイナーリリースするんですか?」
楽しみに待ってますよ。

って書いただけなんだけど。

なんで、このバグ修正にこだわってるのかというと
やっぱ、デモ動画みたいな洗濯物が飛んでいくシーンって
作ってみたいと思うよね。

だから、早く修正版をだしてほしい。

LightWave LayoutScreenSnapz001.jpg


http://heecheee.com/blog
でもポロポロ書いています。


SyflexからMac版バグ修正の連絡が来た [Lightwave]

先日、Syflexにメールで問い合わせをしていた
windを設定してLightwaveシーンを保存するとLightwaveがクラッシュし
ファイルも破損する現象についてバグ修正できたと回答があった。
来週にその他の小さなバグ修正とあわせてリリースするとのことだった。

土日にも連絡してもらい感謝です。




マウスコンピューター/G-Tune

Syflex for Lightwave ちゃんと人物を動かせて変形させてみた [Lightwave]

Syflex for Lightwave Mac editionは今のところ
wind以外は問題なさそう。

まずは、Genomaで骨を人物に入れて少しだけ動かしてみた。
そして、スカートにSyclothを設定し干渉して変形するのを見てみた。

LightWave LayoutScreenSnapz001.jpg

たしかに、布っぽい変形をする。
ちょいと感動。
ClothFXで色々悩んでいたころが懐かしいなぁ。





ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

Syflex for Lightwave のwindを使うと保存時にLightwaveがクラッシュする件 [Lightwave]

Syflex for Lightwave Mac版でwindを設定し保存すると
Lightwaveがクラッシュし保存したファイルも破壊されるバグがあった。

英文をなやみながら作って
Syflexにメールで現象を伝え対応策を確認した。

回答は、最新版で対応しているから再度ダウンロードして確認してください。
とのことだった。

再度ダウンロードしたがプラグインは同一のモノだった。
とりあえず、ダウンロードしたプラグインを使いサンプルシーンの旗が風で
揺らぐファイルを開いて別名保存した。
やはりLightwaveがクラッシュしファイルも壊れていた。

もう一度、確認結果をOSXのクラッシュレポート添付でメールで連絡した。

その回答は
どうも、Mac版特有のバグのようです。検証を進めます。
とのこと。

てことで、Syflexの対応待ちです。



Syflex for Lightwaveでwind機能の練習。 [Lightwave]

Syflexで風を外力として加える練習をした。
これがまた単位がわからず数値の大きさで試行錯誤。
ちゃんと単位を明確にしてほしい。

っが、それ以上の不具合があった。
windを設定すると保存時にLightwaveがクラッシュしファイルも壊れる。
何度やっても、他のシーンでやっても同じなのでMac版特有かも。
サポートにメールで問い合わせを送ったけど英文通じたかどうか不安。







クワイアットコンフォート20

Syflex for Lightwaveでneil機能の練習 [Lightwave]

Syflexで布の角を固定した状態で落下させる条件をneil機能で練習。
Bullet Physicsではポリゴンの頂点などを選択し固定するんだけど
SyflexはWeightmapで固定するポリゴンを指定する。

LightWave ModelerScreenSnapz001.jpg
上面図の上の左右角あたりを固定するWeigtmapを作成した。

LightWave LayoutScreenSnapz002.jpg
そして、neilの設定パネル内でWeightmapを指定してシミュレーション実行。



そしてレンダリング。



うーん、人物に服を着せるレベルまでの到達までは遠いぞ。
練習しなきゃな。



Syflex for Lightwaveを初めて使ってみた。 [Lightwave]

今月末まで特価販売中のSyflex for Lightwaveを購入。
またカミさんに怒られると思うが・・・・ちゃんとお金払うから許してもらえるはず。

実は、Bullet Physicsのソフトボディとの差を良く知らないんだけど
アニメーションしているボディーとの干渉も問題無く出来るし
解析時間が短いということなんで練習開始。

いやー、設定は簡単だった。
Bullet Physicsの設定できればほぼ問題無く使えそう。
ただ、設定値の意味よりも設定値の効果が効き過ぎな気がする。
あとは、pinとかnailとか使い方覚えようっと!



これをMDDで書き出せばMODO801でも動作は再現できる。
LightwaveとMODOって補間しあってるような気がする。



syflex.jpg



んじゃGPUでの計算ってのを見てみよう! [Lightwave]

メインマシンを初代MacProからearly2009MacPro2.66Ghz8コアに入れ換え
ビデオカードもHD4870からGTX680に入れ換えた。
そもそもGTX680に入れ換えたのはCUDAで計算するとCPUで計算するよりも
速いらしいからだ。

んじゃってことで
Lightwave3DのプラグインのTurbulenceFDのサンプルシーンで比較してみた。



うーん、さすがに8コアあるのでCPUでの計算も速い。
若干GTX680の方が速い感じ。
ホントは画面描画用のビデオカードを載せてGTX680は計算に専念させるといいんだけど
PCI expressの電源ケーブルを分岐ケーブルにしないとコネクタが足りない。
AMAZONでMac Pro専用 PCI express補助電源分岐ケーブルが売ってるが
ちょいと高い気がして・・・・



このケーブルを購入すればROMを書き換えたHD5770を載せられるんだけどね。
PCIの電源容量的にもなんとかいけそうなんだよなぁ。