So-net無料ブログ作成
検索選択

んじゃGPUでの計算ってのを見てみよう! [Lightwave]

メインマシンを初代MacProからearly2009MacPro2.66Ghz8コアに入れ換え
ビデオカードもHD4870からGTX680に入れ換えた。
そもそもGTX680に入れ換えたのはCUDAで計算するとCPUで計算するよりも
速いらしいからだ。

んじゃってことで
Lightwave3DのプラグインのTurbulenceFDのサンプルシーンで比較してみた。



うーん、さすがに8コアあるのでCPUでの計算も速い。
若干GTX680の方が速い感じ。
ホントは画面描画用のビデオカードを載せてGTX680は計算に専念させるといいんだけど
PCI expressの電源ケーブルを分岐ケーブルにしないとコネクタが足りない。
AMAZONでMac Pro専用 PCI express補助電源分岐ケーブルが売ってるが
ちょいと高い気がして・・・・



このケーブルを購入すればROMを書き換えたHD5770を載せられるんだけどね。
PCIの電源容量的にもなんとかいけそうなんだよなぁ。



Lightwave3D11.6のRay Cast Geometry [Lightwave]

Lightwave3D11.6のRay Cast Geometryでちょっと練習。
先日の人顔をZBrushからLightwave3D11.6にGOZで取り込み
球体を追加して、人顔を上下左右に動かすと人顔表面に沿って
球体が移動するか試してみた。

LightWave LayoutScreenSnapz001.jpg
設定はこんな感じでNodal Motionの設定のみ。

そして、人顔を動かしてみた。


使い方は草原を走る車とかって書いてあったけど
デコボコしている面にオブジェクトを追従させることができるみたい。


 iTunes Store(Japan)

とりあえず、Lightwave3D11.6プレリリース版インストール [Lightwave]

Lightwave3D11.5.1をいれたばっかりなのに
Lightwave3D11.6プレリリース版がでていた。
とりあえず、インストールした。
単身赴任が
終わって自宅に戻ってから3DCD遊びに力入れてないから
最近の動向がさっぱりわからん状態になってしまった。

まだまだ、3DCG遊びに復帰できていないので使ってないけど・・

LightWave LayoutScreenSnapz001.jpg



クワイアットコンフォート20

LWCAD4.5対応のHR's Preset無償アップグレード [Lightwave]

Lightwave11.5に対応したLWCAD4.5がリリースされて
プリセットのHR's Preset V2はLWCAD4.5に非対応っぽいなぁって
思いながら有償アップグレードかなって悩んでいた。

そんな時に無償アップグレードのお知らせが来た。
「2012/12/1以降の購入者にはHR's PresetV3への
 無償アップグレードを提供していたんだけど、
 君は12/1のほんの少し前に購入してくれてるよね。
 僕は、君に無償アップグレードを提供できない事は納得できない。
 だから、このメールに添付してHR's Preset V3を提供するよ。」
って感じの内容だった。

そう、僕がHR's Preset V2を購入したのが2012/11/30・・・・・
ありがとう、スティーブさん。




Lightwave11.5リリース [Lightwave]

Lightwave11.5がリリースされた。
けっこう、機能改善や追加がてんこ盛りなので
使いこなせていない自分はさらに使いこなせなくなりそう。
とりあえず、ダウンロードしてインストールした。
まずは人体モデルをまた作ってGenomaを使わなきゃなぁ。
あ、それと途中で消されていたSoftbody Dynamicsも
再度復活していた。
英文マニュアル読んで勉強だな。

LightWave ModelerScreenSnapz001.jpg



 iTunes Store(Japan)

LWCAD練習開始 [Lightwave]

建物のモデリングしたくて以前SketchUpを購入したが
イマイチ使い勝手が悪く使っていない。
3DCGソフトで読み込むと3角ポリゴンだらけになったりして
自分的には嫌でウッドデッキの設計程度にしか使ってなかった。

でも、やっぱり建物を作ってみたいという気持ちはある。
そこで、ちょいとムリしたけど
単身赴任が今年で終了記念で自分へのプレゼントということで
LWCAD4.2を購入した。
ちょうど、ブラックフライデーからサイバーマンデーの時期で少しだけ
お安く販売されていたのでラッキーだった。

使ってみるとCADという名前だがCADっぽい操作性ではない。
というか機械系CADの操作性じゃない。
たぶん、建築系のCADってこんな感じなのかなっていう雰囲気の操作性。
建物に特化した機能がたくさんある。
とりあえず、練習開始しました。

LightWave ModelerScreenSnapz001.jpg


ドアの高さとか窓の大きさとか何も考えてないので変だけど
こんな感じのものはすぐに出来てしまう。

lwcad3_edited.jpg


少しずつ練習しようっと!



たしかにmodoよりLightwaveの方が動作が軽い気がする。 [Lightwave]

Xfrogのフリーサンプルデータのモミジをダウンロードして
Lightwave11.0.3のレイアウトで読み込んでみた。
うん、やっぱりmodo601より軽く操作ができる。
そして、300本Instanceでランダム配置してみた。
さすがにこの状態で全て表示すると重い。
いや、操作がほぼできない。
たくさんInstanceで配置した時はBox表示がPonit表示がおすすめですね。

スクリーンショット.jpg

そして、Maxwellrenderプラグイン経由でレンダリング。
とりあえず、SL5.2で止めた。

momiji2.jpg





Lightwaveの動画をMotion5の中で重ねてみた [Lightwave]

Motion5にSyntheyesから書き出したデータをLWS形式で書き出し
Lightwaveで動画を作った。
そして、alphaも出力してマスク動画として使用して動画内の
必要な部分だけMotion5のなかで重ねてみた。

難しかった。
キーヤーとマスクの使い方がわからずなんとか完了。
素人にはMotion5は敷居が高いです。



各レイヤーを順番に表示して非表示にするとこんな感じです。



ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

TurbulenceFDで水っぽい表現 [Lightwave]

TurbulenceFDで水っぽい表現の練習。
そもそも、TurbulenceFDって気体用だから液体はムリ。
設定でそれっぽく出来るかなと思って練習してみた。






練習しなおそう、TurblenceFD。 [Lightwave]

LightwaveのpluginのTurblenceFDって面白いんだけど
使い方をよく理解せず使っている。
たぶん、これからも真面目にマニュアルを読まずに使うと思う。

でも!!でも!!マニュアル読まなくてもつかえる。
そんな事を考えつつ、やっぱ練習しなきゃと思いたった。

まずは、ロケット発射っぽいシーンから、そう基本的なとこから
練習しなおしだ。
このままじゃ宝の持ち腐れだ・・・



しかし、lightwaveって背景に空を使うと途端にレンダリング速度が遅くなるなぁ。

独り言・・・
そういえば、NIKONもSONYも新しいカメラ出したけどOLYMPUSも
なにか「おおおおお!」っての出してくれないかなぁ。




デル株式会社