So-net無料ブログ作成
Maxwell Render ブログトップ

久々にViaCAD Pro V8 [Maxwell Render]

最近、写真撮りばっかりしていてさぼっていたので
ViaCAD Pro V8のモデリングから復習。
ViaCAD ProもV8からViaCAD 2D/3D V8同様にPush/Pull
が使えて便利になった。
しかし、作業平面に線で形状を書いてPush/Pullでその形状で
穴を開け複数配列しようとすると受け付けない。
3D-CADでは普通の機能も安価なViaCADではないみたい。
とりあえず、こんな形状を作った。
ViaCAD ProScreenSnapz001.jpg

そして、OBJで書き出しmodo601に取り込んで
Maxwell renderでレンダリング。
viacadv8test.jpg

Maxwell renderはカメラの撮影と同じ設定なので
写真を撮ってるような感じで何度やっても楽しい。


ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

Poser pro 2012→Lightwave→Maxwellrender [Maxwell Render]

Poser Pro 2012からPoserfusionプラグイン経由でLightwave11.0.3に取り込み
Maxwellrenderプラグインでレンダリングしてみた。
透明マップを反転させないとMaxwellrenderでは髪の毛がおかしくなるが
OBJをmodoに取り込んでMaxwellrenderよりはずーっと修正が楽。
まっ、フィギュアによって差はあるけど。

テライさんでレンダリングしてみた。
terai.jpg

自分のシーンの一つのオブジェクトとしてPoserフィギュアを使うなら
Lightwaveなのかなぁ。






樹木モデルデータってやっぱ重い。 [Maxwell Render]

http://www.silva3d.com/で樹木モデルデータ20%OFFということなので
見に行って、freeデータ2種(blackberryとpine)をダウンロードしてみた。
blackberryは300MBでPineは1.3GBという巨大なデータ。
ダウンロードだけでも時間がかかる。

ダウンロードしてOBJ+MTLファイルをmodo601で読み込み
再度モデルの重さを実感した。
インスタンスで配置なんて怖くてできないレベルだった。
ただ、細かく作り込んであるので近景でも使える。

Maxwell render pluginでレンダリングしてみた。

pinetree.jpg

blueberry.jpg

しかし・・・マシンパワーが無いと他のオブジェクトとの共存はきついなぁ。


デル株式会社

Ivy genarator久々に・・・ [Maxwell Render]

メカ・パレスさんにいただいたコメントで
久々にIvy generatorを使った。

たくさん葉っぱが生成されるからけっこう重いOBJデータが書き出される。
Lightwave11.0.3+Maxwellrenderとmodo601でレンダリングしてみた。
(modoのMaxwellrenderプラグインではDissolveが正常に適用されなかったので
modo601はmodo自身でレンダリングです。)

まずは、Lightwave11.0.3+Maxwellrender
ivy.jpg


そしてmodo601
ivy2s.jpg


けっこう綺麗なIvyの葉っぱになりますね。
リアル世界では、お隣のIvyがうねうねうちの駐車場に入り込んでいて
イマイチIvyを好きになれないのですがCGではきれいだなぁって感じです。


追記)
modo601でもDissolveではなくStencilを使ったらMaxwellrenderで
レンダリングできました。
(材質はmxmを使ったのでちょいとmodoの材質と変えてます)

ivymax.jpg

スクリーンショット 2012-10-17 0.05.10.jpg



XPS 13_468x60

でレンダリング結果違う [Maxwell Render]

modoのレンダラーでレンダリングした結果と
Maxwell renderのプラグインでレンダリングした結果って
違うんだよなぁ。
以前は材質の関連だったけどモーションブラーも違うみたい。

sabaku-modo.jpg
modoの結果。

sabaku-max.jpg
Maxwell renderの結果。

まっ、そんなもんだということで後で考えよう。


ついでにSketchupのMaxwell renderプラグインはどうかな?
って思って使ってみた。けっこう綺麗。

sketch1.jpg

sketch2.jpg



B's 動画レコーダー 2

写真と合成してみたけど。出来はイマイチ。 [Maxwell Render]

昨日作ったモデルをMaxwell Renderを使い
写真と合成してみた。
やり方は、通常のレンダリング時に影をうけるオブジェクトはカメラからは
非表示設定にし、影だけはレンダリングする設定にし
Shadow チャンネルも出力対象にするだけ。
その後それぞれの画像を重ねるという作業。

といっても、それらのMaxwell Renderの設定はmodo601内でMaxwell Render plugin
を使い設定するのでMaxwell Studioを開くことはない。
スクリーンショット .jpg

このままmodoでレンダリングしてもいいんだけど、今回の練習の
MaxwellでShadow Catcherを使うことにならないので・・・・

phone3.jpg

一応、画角なんかも合わせてるんだけど違和感がある。
もっと焦点位置なんかも調整しないとダメだぁ。



XPS 13_468x60

まずは、モデリングから [Maxwell Render]

Maxwell Renderでのシャドウキャッチャーの設定方法がわかったので
シャドウキャッチャーを使ったシーンを作って練習するためにモデリング。
何を作ろうかなとと考えて・・・・iPhoneっぽいものを作ることにした。
自分自身がiPhoneを持っていないので形状はちょいといい加減なんだけどね。

まずは、ViaCAD Pro V7でiPhoneの各パーツを想像してモデリング。
まぁ、こんなもんだろうというレベルでモデリングは完了。
スクリーンショット 2012-08-23 0.26.17.png

各パーツをOBJ形式で書き出しmodo601に取り込んで材質設定をした。
スクリーンショット 2012-08-23 0.41.04.jpg

そして、Maxwell Renderで自分が思ったとおりの雰囲気で
レンダリングされるか確認。
phone.jpg


ってことで、次からはシャドウキャッチャーの練習に入ろうっと。


XPS 13_468x60

も一回マルチライトで遊んでみた。 [Maxwell Render]

会社も夏休みなので
Maxwell Renderのマルチライト機能で遊んだ。

何となくViaCADで作ってみたこの形状。

test.jpg

何に使おうかと悩んでこんな感じのシーンを作ってみた。

test7.jpg

そして、このシーンの光源の
壁面の四角の面光源、
太陽光、
空、
の光量を変化させて動画にしてみた。
真っ暗から、光がある状態をスムーズにする方法あるのかなぁ。




act2.com
Maxwell Render ブログトップ